星の数ほどあるネット小説をよく読んでいる

私はネット上で小説をよく読んだりしています。アマチュアの方が書いた小説から、プロが無料で公開している小説まで、幅広く読んでいます。ネット小説の良いところは無料で読めるということと、ネット環境さえあればいくらでも読むことが出来るということです。反面ネット小説の大半はアマチュアなので、面白さにはバラつきがあり、クオリティの高い小説というものはごく一部というものです。
また趣味で上げている方が大半なので、書いている人が飽きたり、他の要因で続きが書かれなかったりといったこともあります。楽しみで読んでいた小説であれば残念に思いますが、そもそも無料で楽しませてもらっていたわけですし、続きを書けとせっつくわけにもいきません。
ただネット小説というものは星の数ほど存在しているため、読むものがないということにはなりません。クオリティのことはさておいて探せば探すだけヒットするので、新たに自分好みのものを探せばいいだけなのです。
ネット小説からプロにデビューしたという人もいて、プロになれるということは実力は高いということです。なのでその人のウェブ小説を片っ端から読んでいます。ネット小説が書籍化したものは一部が読めなくなっているので残念に思いますが、その雰囲気の一端は感じ取れるので、自分の好みに合いそうなものだなと感じたら、書籍で購入することもあります。
面白いネット小説を書く人はいろんなところで紹介されていたりするので、参考にしています。